株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:ドル・円は一段安、昨年9月安値を下抜け  2月14日12時20分

14日午前の東京市場は弱含み。日本株安を手がかりにリスク回避的な円買いが強まり、昨年9月安値を下抜けた。
ドル・円は前日海外市場での円買い基調が受け継がれ、本日アジア市場では下落基調に振れている。午前の取引では日経平均株価の下落を受け、国内勢による押し目買いは入りづらい展開となった。
東京為替:ドル・円は一段安+B15:B31、昨年9月安値を下抜けランチタイムの日経平均先物は軟調地合いで、目先の日本株安継続を警戒したリスク回避的な円買いに振れやすい。ドルは正午にかけて昨年9月8日安値の107円32銭を下抜け、一時107円01銭まで下落。

ただ、午後の取引では日銀のETF買い期待もあり、107円台を維持する展開を想定したい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円01銭から107円85銭、ユーロ・円は132円68銭から133円20銭、ユーロ・ドルは1.2348ドルから1.2369ドルで推移した。

【要人発言】
・茂木経済再生相
「海外経済の不確実性や金融市場変動の影響に留意が必要」


【経済指標】
・日・10-12月期GDP1次速報:前期比年率+0.5%(予想:+1.0%、7-9月期:+2.2%←+2.5%)



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »