株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本アジアGが大幅反発、子会社KHCが東証2部へ上場承認  2月14日09時21分

 日本アジアグループ<3751.T>が大幅反発している。東京証券取引所が13日の取引終了後、同社の100%子会社であるKHC<1451.T>の東証2部市場への新規上場を承認したことを受けて、売り出しに伴う売却益の発生などを期待した買いが入っている。

 KHCは、住宅建設用地の分譲及び仲介から、グループ共通の建築部門での設計・施工による住宅建設までをワンストップで提供。上場予定日は3月19日で、上場に際し日本アジアGは133万4000株を放出する予定だ。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
PKSHAは3連騰、大幅増収増益で株式分割を材料視◇
日商開が反発、新規仕入れ案件の追加売却で19年3月期業績予想を上方修正
14日韓国・KOSPI=寄り付き2195.92(-5.56)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »