株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反発、ソフトバンクGとファーストリテが2銘柄で約55円分押し上げ  6月19日12時43分

19日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり211銘柄、値下がり10銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は大幅反発。348.46円高の21321.17円(出来高概算6億1000万株)で前場の取引を終えている。18日の米株式市場でNYダウは大幅続伸し、353ドル高となった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が追加の金融緩和の可能性に言及し、欧州株高につれて買いが先行。トランプ大統領が中国の習近平国家主席と電話会談し、6月下旬に開催予定の20カ国・地域(G20)首脳会議で米中首脳会談を開催する意向を示すと、米中摩擦の緩和期待も高まった。前日動向が注目された為替相場はリスク選好的な動きから1ドル=108円台半ばと円安方向に戻しており、本日の日経平均はこうした流れを引き継いで250円高からスタート。寄り付き後も上げ幅を広げ、前場には21352.22円(379.51円高)まで上昇する場面があった。東証1部の値上がり銘柄は全体の9割弱、対して値下がり銘柄は1割弱となっている。

値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はファーストリテ<9983>となり、2銘柄で指数を約55円分押し上げたほか、東京エレクトロン<8035>、ファナック<6954>、TDK<6762>、ユニファミマ<8028>、KDDI<9433>、ダイキン<6367>などもそれに続いて値上がり寄与上位にランクインした。ソフトバンクGは、本日は定時株主総会が開催されていることもあり、孫社長の発言を材料視する向きもあるようだ。構成銘柄の値上がり率トップは、野村<8604>となり、9%超の上昇になった。野村総研株売却収入を原資にした高水準の自社株買い実施が好感されている。一方で、値下がり寄与上位には、オリンパス<7733>、コナミHD<9766>、富士通<6702>、明治HD<2269>、京王<9008>などが並んだ。

*11:30現在

日経平均株価  21321.17(+348.46)

値上がり銘柄数 211(寄与度+351.65)
値下がり銘柄数  10(寄与度-3.19)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     10135         282 +31.06
<9983> ファーストリテ    66950         640 +23.50
<8035> 東エレク        14645         525 +19.28
<6954> ファナック       19535         425 +15.60
<6762> TDK            7910         330 +12.12
<8028> ユニファミマ      2724          66 +9.69
<9433> KDDI           2788          42 +9.25
<6367> ダイキン        13950         245 +9.00
<6971> 京セラ          7054         122 +8.96
<6857> アドバンテ       2641         118 +8.66
<4063> 信越化          9427         229 +8.41
<6645> オムロン         5490         210 +7.71
<4523> エーザイ         6332         191 +7.01
<6988> 日東電          5187         170 +6.24
<4503> アステラス薬     1501.5         32.5 +5.97
<4901> 富士フイルム      5477         107 +3.93
<6301> コマツ         2512.5         107 +3.93
<7267> ホンダ         2818.5         52.5 +3.86
<4502> 武田           3807         104 +3.82
<4911> 資生堂          8683          97 +3.56

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<7733> オリンパス       1198          -9 -1.32
<9766> コナミHD         5040         -10 -0.37
<6702> 富士通          7538         -84 -0.31
<2269> 明治HD          7680         -40 -0.29
<9008> 京王           7290         -40 -0.29
<2871> ニチレイ         2726         -12 -0.22
<2432> DeNA           2167         -12 -0.13
<9602> 東宝           4780         -35 -0.13
<1333> マルハニチロ      3070         -30 -0.11
<8303> 新生銀          1632          -3 -0.01




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »