株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

一パンは続落、今12月期の最終赤字転落を嫌気 12月10日09時45分

 第一屋製パン<2215.T>が続落。同社は9日取引終了後、19年12月期業績予想の下方修正を発表し、最終損益は従来予想の1000万円の黒字から3億7000万円の赤字(前期は5億3100万円の赤字)に転落する見通しを明らかにした。売上高は251億円から248億円(前期比1.4%減)に見直したほか、営業損益は5000万円の赤字から3億9000万円の赤字(前期は5億7100万円の赤字)に修正した。

 キャラクター商品の売り上げは順調に推移したが、ナショナルブランド(NB)商品や菓子類の売り上げが想定を下回ったほか、原材料費や人件費の上昇などが業績悪化要因となった。この業績悪化が嫌気され、株価は下落している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
リミックスが急伸、ビットポイントジャパンが仮想通貨の受金サービスを再開
テクノFの初値は1062円、公開価格を18%上回る
<個人投資家の予想> 12月10日 09時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »