株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フィットが一時15%高、10月中間期営業利益は黒字転換 12月16日09時33分

 フィット<1436.T>が急反発し一時、前週末比95円(14.8%)高の735円に買われている。13日の取引終了後に発表した第2四半期累計(5~10月)単独決算が、売上高18億5200万円(前年同期比16.8%増)、営業利益2800万円(前年同期2億9600万円の赤字)、最終利益1100万円(同4億8100万円の赤字)となり、営業利益が従来予想の1100万円を上回って着地したことが好感されている。

 予定していた大型の太陽光施設の販売が第3四半期以降にずれ込んだため、売上高は従来予想の22億円を下回ったものの、工事原価の更なるコストカットや販売管理費の削減などに取り組んだことが、利益の上振れに貢献したという。

 なお、20年4月期通期業績予想は、売上高56億円(前期比11.5%増)、営業利益2億2000万円(前期1億9700円の赤字)、最終利益1億3300万円(同3億9800万円の赤字)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 12月16日 09時
リーダー電子が続急騰、一時ストップ高寸前まで買われる
ランサーズの初値は842円、公開価格を15%上回る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »