株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ホーブは2日連続S高で年初来高値更新、ベルグアースとの業務提携を引き続き材料視◇ 12月17日12時42分

 ホーブ<1382.T>が2日連続でストップ高まで買われ、年初来高値を更新した。同社は13日、いちご苗事業に関してベルグアース<1383.T>と業務提携したと発表しており、これが引き続き材料視されているようだ。

 両社はこのほど、ホーブが開発したいちご親株苗及びいちご定植苗をベルグアースが中国で独占的に生産・販売を行うほか、ベルグアースが行う中国でのいちご苗販売事業の技術的サポートをホーブが行うことで合意。両社のノウハウを活用した展開を実施するためのパートナーとして業務提携に至ったとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<12月16日のストップ高銘柄>
日電硝が続落、欧米ガラス繊維事業に関する特別損失を計上へ
債券:先物、後場始値は前営業日比9銭安の152円23銭


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »