株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リブワークは後場カイ気配で一気に切り返す、7~12月期営業利益が一転増益に  2月03日12時40分

 Lib Work<1431.T>が後場カイ気配スタートで一気に切り返してきた。同社は福岡など九州を地盤とする注文住宅メーカーで、ビジネスモデルとしてネットを中心に受注を獲得している点に特徴がある。追加原価の抑制効果や販管費の低減が収益に反映されており、きょう前場取引終了後に20年6月期第2四半期(19年7~12月)の業績予想の上方修正を発表した。営業利益は従来予想の2億5000万円から2億8900万円(前年同期比3%増)に上方修正、減益見通しから一転増益に変わったことで、これを材料視する買いを呼び込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
千代建が後場カイ気配スタート、20年3月期営業利益予想を上方修正
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比でやや下げ幅拡大
富士山MSが急伸、米メレディスと日本におけるエージェント契約を締結


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »