株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

キャンディルは朝安後、プラス圏に浮上、株式売り出し発表も下値に買い流入  3月04日10時24分

 キャンディル<1446.T>は朝安後、プラス圏に浮上している。3日取引終了後、筆頭株主の新生クレアシオンパートナーズ2号投資事業有限責任組合による300万株の株式売り出しを行うことを発表した。同時に45万株のオーバーアロットメントによる売り出しも実施する。この株式売り出しによる需給悪化が懸念されたが、下値には買いが流入し値を戻している。売り出し価格は3月11日から17日のいずれかの日に決定する。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
イントラマトが大幅3日続伸、「日病モバイル」を提供するフロンティア・フィールドと資本・業務提携
外為サマリー:一時1ドル106円80銭台に軟化、売り一巡後は下げ渋る
EMシステムが反発、IIFと業務提携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »