株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日水、極洋など水産株が強さ発揮、全体下値模索のなかディフェンシブに資金シフト◇  3月11日10時53分

 日本水産<1332.T>、極洋<1301.T>など水産株が強さを発揮している。全体相場は日経平均が300円あまりの下げをみせるなど下値を探る展開を強いられており、主力銘柄への売り圧力の大きさが意識されている。そうしたなか、世界景気変動の影響を受けにくいディフェンシブストックとして水産株に資金シフトの動きがみられる。PERやPBRなど株価指標面からも割安感があり地合い悪のなか消去法的に資金が集まりやすい。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<03月10日の昨年来安値更新銘柄> 03月11日
Cマネージの初値は4360円、公開価格を59%上回る
菱洋エレクが一時16%高、21年1月期は2%営業増益と100円増配を見込む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »