株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=テクマト、セキュリティー対策製品の販売好調  3月19日10時02分

 テクマトリックス<3762.T>は全体相場が落ち着きを取り戻せば、改めて好業績を評価する展開となりそうだ。

 1月31日に発表した20年3月期第3四半期累計(19年4~12月)の連結経常利益は20億9400万円(前年同期比40.3%増)となり、通期計画24億6000万円に対する進捗率は85.1%となった。主力の情報基盤事業で次世代ファイアウォールなど各種セキュリティー対策製品の販売が好調だったほか、アプリケーション・サービス事業ではCRM(顧客管理)分野の大型案件の受注が増加した。両事業ともに受注残高は順調に積み上がっており、今後の業績にも期待が持てる。

 株価は2月13日につけた昨年来高値2935円から大きく値を下げており、ここは絶好の拾い場とみたい。また、同社は画像などの医療情報を安全に保管・活用・共有できるクラウドサービス「NOBORI(のぼり)」を提供していることから、遠隔医療関連としても要マークだ。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
富士山MSが反発、5万株を上限とする自社株買いを実施へ
カカクコムが大幅3日続伸、公取委の報告書で自主的な改善求められる
アンリツが5連騰と気を吐く、ドコモなど5G商用化サービス相次いでスタート◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »