株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=バリューデザ、ハウスプリペイドカード事業が好調  4月02日10時00分

 バリューデザイン<3960.T>を通期業績の上振れ余地が大きい銘柄として注目したい。

 2月13日に発表した20年6月期第2四半期累計(19年7~12月)の連結決算は、経常利益が4800万円(前年同期比2.2倍)となり、通期計画の4300万円を超過。ハウスプリペイドカード事業で、スーパーマーケットやホームセンターなどでのプリペイド利用が好調だったことが寄与した。今年に入ってからの同事業の取扱高は1月が424億3600万円(前年同月比60.5%増)、2月が438億1800万円(同73.2%増)と順調に拡大しており、キャッシュレス還元の恩恵が続いている。

 全体相場は新型コロナウイルス感染拡大の影響で不安定な地合いとなっているが、同社株は2月20日に年初来高値3455円をつけたあとも調整幅は限定的。75日移動平均線がサポートラインとして意識されており、全体相場が落ち着けば再び上値を試す展開が期待できそうだ。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Fスターズがしっかり、上限1.21%の自社株買い発表を好感
西松屋チェが4日ぶりに反発、21年2月期経常利益は2.1倍増益見通し
フイルコンが10%安と急落、20年11月期業績予想の下方修正を嫌気


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »