株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「人工呼吸器」が18位にランクイン、新型肺炎で世界的に必要性高まる<注目テーマ>  4月03日12時23分

★人気テーマ・ベスト10
1 テレワーク
2 遠隔医療
3 マスク
4 コロナウイルス
5 巣ごもり
6 eラーニング
7 医療機器
8 5G
9 教育ICT
10 食品スーパー

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「人工呼吸器」が18位とにわかに上位にランクインしてきた。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、治療に用いられる人工呼吸器や人工心肺装置(ECMO=エクモ)の需要が高まっている。政府は既に人工呼吸器やエクモの増産に補助金を出すことを決めており、きょう付けの読売新聞では、「国立大学病院で人工呼吸器などの導入支援やエクモに対応できる人材の育成を進めるほか、人工呼吸器やエクモの生産体制を増強した企業には補助金を支給する」と報じている。政府が近くまとめる経済対策に盛り込まれるもようだ。

 米国でもトランプ大統領が3月27日、ゼネラル・モーターズに対して人工呼吸器を生産するよう命令したが、4月2日にもゼネラル・エレクトリック(GE)など6社に対して、人工呼吸器の増産を命令した。新型肺炎の世界的な感染拡大で人工呼吸器やエクモが不足するとの懸念が各国で強まっており、これが企業に増産を促す動きにつながっている。

 これを受けて、株式市場でも人工呼吸器やエクモに関連する銘柄への関心が高まっている。この日は、先日に米国で人工呼吸器を増産すると発表した旭化成<3407.T>やエクモでトップシェアを占めるテルモ<4543.T>などが堅調。帝人<3401.T>やフクダ電子<6960.T>もしっかりの動きとなっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=前日比54円高、石油関連株などが買われる
東京株式(大引け)=246円安と4日続落、1万8000円台を割り込む
午前:債券サマリー 先物は反落、米債が売られた流れを引き継ぐ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »