株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

英ポンド週間見通し:弱含みか、リスク選好的なポンド買い縮小も  4月04日15時19分

■弱含み、ウイルス感染拡大を警戒してポンド売り継続

先週のポンド・円は弱含み。英国内のおける新型コロナウイルスの感染拡大を警戒したポンド売りが観測されており、ポンド・円は一時132円台半ばまで下落した。一方、米国内でのウイルス感染拡大を意識したポンド買い・米ドル売りも観測されており、この影響で対円レートの下げ幅はやや縮小した。取引レンジ:132円49銭−134円62銭。

■弱含みか、リスク選好的なポンド買い縮小も

今週のポンド・円は弱含みか。英国内での新型コロナウイルスの感染被害は拡大しており、短期的にリスク選好的なポンド買い・円売りは縮小するとみられる。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ポンド・円は主に133円を挟んだ水準で推移か。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・9日:2月鉱工業生産(1月:前月比-0.1%)
・9日:2月商品貿易収支(1月:-37.2億ポンド)

予想レンジ:131円00銭−134円00銭




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »