株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Jテック・Cが4日ぶり反発、20年度「橋渡し研究戦略的推進プログラム」に研究提案が採択  4月14日12時34分

 ジェイテックコーポレーション<3446.T>が4日ぶりに反発している。13日の取引終了後、日本医療研究開発機構(AMED)が公募した20年度「橋渡し研究戦略的推進プログラム」に研究提案が採択されたと発表しており、これが好感されている。

 採択された研究テーマは「ヒト弾性軟骨デバイスを用いた頭頚部形態異常疾患に対する新規治療法の開発」で、研究代表機関として横浜市立大学、その他参加機関として東京大学、神奈川県立こども医療センター及び同社が提案した。今回のプログラムでは、ヒト弾性軟骨デバイスの適応先として小児疾患である「鼻咽喉閉鎖機能不全」を対象疾患とする医師主導治験を目指し、デバイス製造法の確立、非臨床試験の実施、臨床準備を行うとしている。なお、同件による20年6月期業績への影響は軽微としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 04月14日 12時
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にSBG
「バイオテクノロジー関連」が22位、新型コロナ関連で思惑買いの動き<注目テーマ>


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »