株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

科研薬が急反落、イベルメクチンについて新型コロナのための研究は行っていないとコメント  5月08日14時24分

 科研製薬<4521.T>が急反落している。この日、米アーバー社から日本における開発および事業化の権利を取得し、アタマジラミ症を対象とした臨床試験を現在実施中の「イベルメクチン0.5%外用剤」について、「新型コロナウイルス感染症の治療を関連付けるような報道が一部にあったが、現時点でそのための研究開発は行っていない」とのコメントを発表しており、失望売りがでているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
藤井産業が後場急伸、20年3月期業績は計画上振れ
フュトレックが大幅反落、20年3月期業績は計画下振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »