株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ベースが1株から3株への株式分割と実質増配を発表  5月15日16時37分

 ベース<4481.T>がこの日の取引終了後、6月9日を基準日として1株を3株に株式分割すると発表した。投資単位当たりの金額を引き下げることで、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることが目的という。また、株式分割に伴い、従来140円を予定していた20年12月期の年間配当予想を47円とし、実質増配するとあわせて発表した。

 同時に発表した第1四半期(1~3月)連結決算は、売上高29億1200万円、営業利益6億5000万円、最終利益4億3200万円だった。前年同期は四半期連結決算を開示していないため比較はないものの、得意とする証券領域の大型案件参画や、製造業向け案件での領域拡大などで、堅調に売上高・利益の拡大を図ることができたという。

 なお、20年12月期通期業績予想は、売上高116億8800万円(前期比20.3%増)、営業利益20億5900万円(同22.7%増)、純利益13億9300万円(同22.3%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
15日中国・上海総合指数=終値2868.4587(-1.8835)
15日韓国・KOSPI=終値1927.28(+2.32)
<個人投資家の予想> 05月15日 16時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »