株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 日本リビング保証、タカラバイオ、オプティムなど  5月19日07時15分

銘柄名<コード>18日終値⇒前日比
日本テレホン<9425> 338 +23
個人向けリユースモバイル販売への再参入を発表。

住友ベ<4203> 2668 -174
前期営業利益は24%減、前期末配当は15円減額。

ニフコ<7988> 2150 +46
前期営業利益は3%増。

日本リビング保証<7320> 1425 +211
第3四半期累計営業利益は通期計画上振れ。

太陽HD<4626> 4925 +270
今期営業利益は11%増を予想。

セレス<3696> 1109+150
引き続き第1四半期の大幅増益スタートを評価。

THEグローバル社<3271> 255-80
継続企業の前提に関するリスク注記。

レナウン<3606> 48-30
コロナ痛手で民事再生手続き開始。

ボーソー油脂<2608> 1040+150
引き続き昭和産業のTOB価格1080円にサヤ寄せ。

フィールズ<2767> 370 +50
前期業績の大幅な上振れ着地がインパクトに。

オプティム<3694> 2811 +500
今期は大幅増益となるレンジ見通しに。

JACR<2124> 1317 +176
上半期下方修正も目先のあく抜け材料となる。

オーケストラ<6533> 1062 +150
第1四半期の大幅増益決算を好感へ。

マイネット<3928> 1070 +150
第1四半期は5四半期ぶり営業黒字化へ。

アイ・アールジャパンホールディングス<6035> 7620 +1000
引き続き先週末に発表した決算評価の流れ。

タカラバイオ<4974> 2693 +313
唾液から調べるPCR用検査試薬を発売と伝わる。

ノムラシステムコーポレーション<3940> 535 +63
引き続き第1四半期大幅増益決算を評価へ。

コムチュア<3844> 2467 +273
今期の増益、実質増配見通しを好感へ。

タケエイ<2151> 897 +77
前期大幅増益に続いて今期も増益見通し。

エムスリー<2413> 4155 +390
4月の順調な滑り出しを評価も。

ノーリツ鋼機<7744> 1391 +102
今期の収益急拡大見通しを好感。

ビジョン<9416> 837 +73
25日線などを下値支持線として意識も。

日産化学<4021> 4450 +360
堅調決算や自社株買いの発表を好材料視。

石油資源開発<1662> 2085 +158
NY原油は時間外取引で30ドル台回復。

シンクロ・フード<3963> 331 +22
引き続き決算発表を受けての悪材料出尽くし感で。

宝ホールディングス<2531> 815 +52
タカラバイオの上昇など刺激にも。

ゆうちょ銀行<7182> 895 -149
今期業績見通しは市場計画を大幅下振れ。

明豊ファシリティワークス<1717> 517 -71
今期の大幅減益見通しがネガティブ視される。

SCREENホールディングス<7735> 4780 -760
米政府のファーウェイ制裁措置強化でハイテクの一角が軟化。

青山商事<8219> 800 -84
前期の大幅減益決算を弱材料視。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »