株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「教育ICT」が9位にランク、コロナ禍を奇貨にGIGAスクール構想加速へ<注目テーマ>  5月20日12時21分

★人気テーマ・ベスト10
1 テレワーク
2 遠隔医療
3 5G
4 コロナウイルス
5 バイオテクノロジー関連
6 人工知能
7 半導体
8 新型コロナウイルス薬
9 教育ICT
10 ゲーム関連

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「教育ICT」が9位にランクされている。

 コロナ禍を奇貨として、産業のさまざまな分野で変化が起こりつつあるが、教育分野もその一つ。小中・高校の一斉臨時休校により、通学して教室で一斉授業を受ける代わりに、オンライン学習が急速に普及しているほか、インターネット会議システムを用いて始業式を行う学校も見られた。ただ、オンラインによる学習は大学や私学では導入が進むものの、公立の小中・高校の多くは、環境も制度も整っていないのが実情であることから、文部科学省は4月7日、2023年度までとしてきた小中学生に1人1台パソコンを配備するGIGAスクール構想を前倒しで進め、今年度末までに実現する方針を発表した。あわせて、カメラやマイクなどの購入費も支援するほか、通信環境が整っていない家庭にはモバイルルーターも貸し出す方針だ。こうした動きに伴い、他の先進国に比べて遅れが目立っていた日本でも、今後はその遅れを取り戻す動きが加速するとみられ、関連する企業のビジネスチャンスが広がりそうだ。

 こうした動きを受けて関連銘柄への関心は根強い。この日は、法人向けパソコン販売を展開するハイパー<3054.T>、入試に関するソリューションを提供するODKソリューションズ<3839.T>、オンライン学習教材を手掛けるチエル<3933.T>やすららネット<3998.T>が堅調な動き。また、EduLab<4427.T>やメディアシーク<4824.T>なども高い。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=続伸、米中対立への警戒感和らぎリスク選好の流れ続く
午前:債券サマリー 先物は小反発、米債券高が下支え
◎20日前場の主要ヘッドライン


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »