株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

スペースVHは冴えない、20年3月期業績は計画を下回って着地  5月25日09時51分

 スペースバリューホールディングス<1448.T>は冴えない。前週末22日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、売上高が860億円から854億8000万円(前の期比0.2%減)へ、営業利益が31億円から24億8000万円(同41.3%減)へ、純利益が21億円から9億5000万円(同3.6倍)へ下振れて着地したようだと発表したことが嫌気されている。

 システム建築事業の売上高が想定を下回ったことに加えて、駐車場運営・管理事業の減価償却費の増加が要因としている。また、前期に減損損失を計上したホテル開発用地について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて売却できず繰延税金資産を取り崩したことも最終利益を押し下げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
25日の主なマーケットイベント
日工が大幅反発、80万株を上限とする自社株買いを実施へ
荏原実業は年初来高値に接近、第1四半期営業益11%増で通期計画進捗率95%


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »