株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 西日本旅客鉄道、ヤマックス、247など  5月27日07時32分

銘柄名<コード>26日終値⇒前日比
ベネッセホールディングス<9783> 2886 -344
業績見通し非開示などで出尽くし感が優勢に。

ダイトウボウ<3202> 118 -10
前期純利益は下振れで大幅減益に。

スペースバリューホールディングス<1448> 343 -27
前期大幅減益決算がネガティブ視される。

フジクラ<5803> 304 -18
業績下方修正に失望売りが優勢。

ツクイ<2398> 516 -29
決算受けて25日に急伸の反動安。

大幸薬品<4574> 1769 -66
25日線レベルが上値抵抗線として意識される。

アステリア<3853> 488 -22
500円超水準では戻り売り圧力も。

日本航空<9201> 2232.5 +168.5
緊急事態宣言全面解除で買い戻しが続く。

西日本旅客鉄道<9021> 7332 +564
緊急事態宣言全面解除でJR各社も強い動き。

第一三共<4568> 9351 +488
SMBC日興証券では投資判断を格上げ。

ジェイリース<7187> 332+80
中国ラカラグループとの業務提携を好感。

インタートレード<3747> 505 +80
買い気配スタートから急伸も特に材料は見当たらず。

グローバルダイニング<7625> 192 +20
26日は飲食関連業界が大幅高の展開に。

フレンドリー<8209> 1025 -121
株主優待制度廃止を引き続き嫌気。

TBグループ<6775> 229 -17
25日は長い上ヒゲ残して伸び悩み。

リード<6982> 441 -44
25日にかけ急伸の反動で利食い売り優勢。

ヤマックス<5285> 2022+400
6月30日を基準日として1対5の株式分割を実施へ。

大日光・エンジニアリング<6635> 1075+150
同社連結子会社と、住友商事の連結会社との間で、中国華東地区での車載向け
案件を中心とするEMS事業拡大を目的として、合弁会社の設立を伴う業務提携へ。

博展<2173> 536 +1
20年3月期の営業利益は23.4%増の6.45億円と上振れ着地、今期業績は非開示。

日本サード・パーティ<2488> 1024 -171
21年3月期の営業利益は前期比8.1%減益、4円減配見通しで利食いが優勢。

NexTone<7094> 7630 -980
東証が26日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。

BBSec<4398> 2047 -53
一時高値接近、利食いをこなしながらの推移。

DELTA−P<4598> 1676 +36
東証が26日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。

アドベンチャー<6030> 3535 +160
「国内旅行クーポン券発行へ 旅行代金の半額を補助」などの
報道が関連株の手掛かり。

大戸屋HD<2705> 2288 +154
23年3月期までの中計策定、同期の売上高目標は286.59億円。株主優待制度も拡充。

247<7074> 1580 +300
ダイエットジム「24/7Workout」の一部店舗の営業を再開すると発表している。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »