株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

四国化が大幅高、160万株を上限に自社株買いを実施  5月27日09時10分

 四国化成工業<4099.T>が大幅高で3日続伸している。26日取引終了後、発行済み株式数(自社株を除く)の2.8%にあたる160万株または17億240万円を上限に、27日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施すると発表しており、これを好感する買いが入っている。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められたようだ。また、今回取得する全株と4月30日時点で保有する自己株式の一部(156万2100株)を6月10日付で消却することも明らかにしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アディッシュが気配値のまま上昇加速、ネットリテラシーのオンライン講演の提供を材料視
三菱UFJなどメガバンク買われる、堅調な経済指標受け米金融株急騰の流れ引き継ぐ◇
東京株式(寄り付き)=売り買い交錯、米株急伸も戻り売り圧力


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »