株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

三桜工の20年3月期は営業利益2.6倍で着地  5月28日16時22分

 三櫻工業<6584.T>がこの日の取引終了後、20年3月期連結決算を発表しており、売上高1427億700万円(前の期比1.6%増)、営業利益54億5200万円(同2.6倍)、最終利益21億7700万円(前の期85億2500万円の赤字)となった。

 中国や米国での新規量産品の立ち上がりが寄与したことに加えて、日本国内や欧州を中心に品質ロスや固定費削減に努めたことが業績を牽引した。なお、新型コロナウイルスの影響により業績予想を算出することが困難と判断し未定としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午後:債券サマリー 先物は横ばい、2年債入札結果は順調も上値重い
東京株式(大引け)=497円高、買い戻し加速でほぼ高値引け
外為サマリー:107円80銭台で推移、強弱感が交錯する展開に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »