株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

凸版の20年3月期業績は営業利益が計画上振れで着地  5月28日16時35分

 凸版印刷<7911.T>がこの日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、営業利益が570億円から660億円(前の期比44.3%増)へ、純利益が600億円から860億円(同2.1倍)へ上振れて着地したようだと発表した。

 情報コミュニケーション事業でペパーメディアが想定以上に縮小したほか、エレクトロニクス事業でTFT液晶やフォトマスク、カラーフィルタなどが落ち込んだ影響で売上高は1兆5200億円から1兆4860億円(同1.5%増)へ下振れた。ただ、情報コミュニケーション事業でSP関連や電子書籍の拡大、教科書採択の順調に加えて、生活・産業事業で低差益受注品の見直しや原価削減の積極的な推進があり収益性が向上した。

 同時に、20年3月期の期末配当で20円の記念配当を実施し、40円の配当を行うと発表した。年間配当は60円(従来予想40円)となる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 05月28日 16時
28日中国・上海総合指数=終値2846.2217(+9.4181)
28日韓国・KOSPI=終値2028.54(-2.66)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »