株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ジンズメイトの20年3月期業績は計画下振れで着地  5月28日17時25分

 ジーンズメイト<7448.T>がこの日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、売上高が88億5000万円から77億6900万円(前の期比9.4%減)へ、営業利益が1億7500万円から2800万円(同69.2%減)へ、最終損益が8500万円の黒字から3700万円の赤字(同1900万円の黒字)へ下振れて着地したようだと発表した。

 下期に入り10月からの消費税増税や、台風などの自然災害による一部店舗の臨時休業、暖冬による防寒衣料の不振と厳しい状況が継続。更に、1月末から新型コロナウイルス感染症の世界的な流行の影響によりインバウンド需要の急速な減退があったほか、2月末からの国内の外出自粛要請により店舗の臨時休業や営業時間の短縮を余儀なくされたことが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
欧米(28日)の注目経済指標=米実質GDPなど
DMG森精機は20年12月期業績予想の下方修正と減配を発表
凸版の20年3月期業績は営業利益が計画上振れで着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »