株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マクセルHDに再評価余地、国内有力証券は新規「B+」に  6月11日14時43分

 マクセルホールディングス<6810.T>に再評価余地が指摘されている。岩井コスモ証券は10日、同社株の投資判断を新規「B+」としカバレッジを再開した。20年3月期の連結営業損益は、米中貿易摩擦や新型コロナウイルスの影響で工場が操業停止となったことも響き1億3700万円の赤字となった。今21年3月期は事業構造改革を断行し、同利益は5億円が見込まれている。この事業改革を経て来期以降は本格的な業績改善が見込めると予想。22年3月期の同利益は32億円と急回復を予想している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 06月11日 14時
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にツインバード
ナビタス動意、研究開発を目的とした新会社を設立へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »