株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

科研薬が3日ぶり反発、原発性腋窩多汗症外用治療剤の第3相試験で、主要評価項目を達成  6月15日10時24分

 科研製薬<4521.T>が3日ぶりに反発している。午前10時ごろ、開発中の原発性腋窩多汗症外用治療剤「BBI-4000」の国内第3相試験で、主要評価項目を達成したと発表しており、これが好感されている。なお、同件による21年3月期連結業績予想に与える影響はないとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
サイボウズは反落、第1四半期業績は営業利益が2ケタ増
エフピコが反発、積水ヒノマルの成形品事業を譲受
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »