株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 キーエンス、ギグワークス、アジャイルメディア・ネットワークなど  6月18日07時32分

銘柄名<コード>17日終値⇒前日比
J.フロント リテイリング<3086> 889 -28
新規材料観測されず戻り売りに押される。

いすゞ自動車<7202> 997.1 -27.4
自動車株が軟調な流れに押される。

セイコーエプソン<6724> 1364 -42
円高ユーロ安の流れをマイナス視。

ジェイテクト<6473> 885 -37
大和証券では目標株価を引き下げ。

東洋製罐グループホールディングス<5901> 1302 -39
日経平均先物安につれ安。

東レ<3402> 519.5 -16.2
米国炭素繊維事業の生産縮小報道などマイナス視。

古河電池<6937> 1821 +29
連日の株価急騰による過熱警戒感で利食い売り。

キーエンス<6861> 44460 +660
マッコーリー証券では投資判断を格上げ。

アルチザネットワークス<6778> 1786 +202
総務省の5G基地局拡大方針受け関連銘柄として物色。

ギグワークス<2375> 1728 +196
足元の好決算見直しの動きか。

JMACS<5817> 868 -131
上値到達感からの手仕舞い売りが続く。

ミクシィ<2121> 1870 +183
23日付で東証1部に市場変更へ。

シリコンスタジオ<3907> 1481 +61
上限6万株(0.852億円)の自社株買いを実施すると発表。

フーバーブレイン<3927> 1740 -285
伊藤忠テクノソリューションズとの業務提携発表も利食いのきっかけに。

アジャイルメディア・ネットワーク<6573> 754+100
AIカメラによる「密集・発熱・マスク着用」を検知・共有する
コロナ対策の独自AIソリューションを提供開始。

日本フォームサービス<7869> 3035 -80
20年9月期第2四半期報告書で「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消。
上期純損益は1.01億円の黒字(前期は0.05億円の赤字)、通期計画を超過。

ジェイホールディングス<2721> 305 -52
上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定。

細谷火工<4274> 1143 +150
北朝鮮と韓国、中印を巡る地政学リスク意識で防衛関連に物色。

PKSHA<3993> 3025 +88
投資有価証券売却益26.14億円を20年9月期第3四半期に特別利益として計上。

オンコリス<4588> 2615 +298
引き続きバイオ株の一角には資金流入。

フェローテックホールディングス<6890> 725 -34
20年3月期は苦戦も、1-3月期好調で下げは限定的。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »