株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ベネ・ワン、BtoBtoE戦略で中期成長力強化  6月24日10時01分

 ベネフィット・ワン<2412.T>は、業績拡大期待を背景に、6月2日につけた年初来高値2507円更新から上値を追う展開が期待できる。

 21年3月期は新型コロナウイルス感染症の影響で踊り場を迎えているが、7月以降は本来の成長に回復すると想定している。アフターコロナでは、主力の福利厚生・パーソナル・CRM事業において、人事関連BPOサービス事業の追い風が期待できるほか、ヘルスケア事業では企業の健康管理サポートへの関心が進み成長が加速する見通し。営業利益は90億5000万円(前期比7.8%増)を見込む。

 中長期的には、給与天引きを活用したBtoBtoE(企業内個人向けビジネス)プラットフォームによるサービス拡充で、決済手数料の獲得などによる収益力が強まる可能性が高まっていることにも注目。22年3月期は営業利益100億円台乗せを見込む調査機関もある。(仁)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
コスモバイオが続伸、20年12月期決算に投資有価証券売却益を計上へ
ナガセが3日続伸、未定としていた21年3月期業績予想は3%営業増益見込む
ソフトバンクGは売り優勢に、Tモバイル株売却発表で2兆円規模調達


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »