株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は小幅反落、ファーストリテが1銘柄で約14円分押し下げ  7月01日12時50分

1日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり50銘柄、値下がり172銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は小幅反落。41.94円安の22246.20円(出来高概算5億2000万株)で前場の取引を終えている。

6月30日の米株式市場でNYダウは続伸し、217ドル高となった。6月のシカゴ購買部協会景気指数が予想を下回り、朝方は売りが先行。しかし、6月のCB(コンファレンス・ボード)消費者信頼感指数が急回復し、投資家心理を上向かせた。パウエル連邦準備理事会(FRB)議長とムニューシン財務長官の議会証言を受け、新型コロナウイルスを巡る追加支援策への期待も高まった。為替相場は一時1ドル=108円台まで円安方向に振れ、本日の日経平均はこうした流れを好感して50円高からスタート。朝方には22360.31円(72.17円高)まで上昇する場面もあったが、NYダウ先物の時間外取引での下落などが重しとなり、前日終値を挟みもみ合う展開となった。

セクターでは、空運業、パルプ・紙、不動産業などが下落率上位。半面、精密機器、電気機器、証券などが上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の63%、対して値上がり銘柄は32%となっている。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約14円押し下げた。同2位はファナック<6954>となり、ファミマ<8028>、キッコーマン<2801>、アステラス薬<4503>などがつづいた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはスズキ<7269>で3.39%安となった。

一方、値上がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を38円押し上げた。米半導体株高の流れを引き継いで半導体関連が堅調となっている。同2位はアドバンテス<6857>となり、ダイキン<6367>、ソフトバンクG<9984>、中外製薬<4519>などがつづいた。


*11:30現在

日経平均株価  22246.20(-41.94)

値上がり銘柄数  50(寄与度+102.11)
値下がり銘柄数 172(寄与度-144.05)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        27500         1060 +38.18
<6857> アドバンテ       6310          190 +13.69
<6367> ダイキン        17605          270 +9.73
<9984> ソフトバンクG     5490           40 +8.65
<4519> 中外薬          5800           35 +3.78
<4523> エーザイ         8640           94 +3.39
<6758> ソニー          7448           64 +2.31
<2413> エムスリー       4610           25 +2.16
<4911> 資生堂          6892           57 +2.05
<9735> セコム          9477           54 +1.95
<4452> 花王           8590           50 +1.80
<6976> 太陽誘電         3390           45 +1.62
<4021> 日産化学         5560           40 +1.44
<4543> テルモ          4091           10 +1.44
<7832> バンナムHD       5707           40 +1.44
<9613> NTTデータ        1206           7 +1.26
<9064> ヤマトHD         2362           32 +1.15
<4755> 楽天            968           20 +0.72
<7733> オリンパス      2079.5           4 +0.58
<8267> イオン         2520.5         15.5 +0.56

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    61300         -400 -14.41
<6954> ファナック       19095         -165 -5.94
<8028> ファミマ         1813          -36 -5.19
<2801> キッコーマン      5050         -140 -5.04
<4503> アステラス薬     1771.5          -28 -5.04
<9433> KDDI           3213          -21 -4.54
<7269> スズキ          3533         -124 -4.47
<6098> リクルートHD      3641          -41 -4.43
<4568> 第一三共         8699         -107 -3.85
<7267> ホンダ          2709         -46.5 -3.35
<4507> 塩野義          6662          -88 -3.17
<4063> 信越化         12510          -85 -3.06
<6645> オムロン         7140          -80 -2.88
<3382> 7&iHD           3442          -78 -2.81
<7203> トヨタ          6687          -75 -2.70
<8830> 住友不         2888.5         -74.5 -2.68
<8766> 東京海上         4560         -138 -2.49
<7751> キヤノン       2091.5          -43 -2.32
<4502> 武田           3785          -63 -2.27
<4578> 大塚HD          4638          -61 -2.20



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »