株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は続伸、ソフトバンクGが1銘柄で約25円分押し上げ  7月03日13時20分

3日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり74銘柄、値下がり145銘柄、変わらず6銘柄となった。

日経平均は続伸。74.37円高の22220.33円(出来高概算4億6000万株)で前場の取引を終えている。

2日の米株式市場でNYダウは反発し、92ドル高となった。6月雇用統計で非農業部門雇用者数の増加が市場予想を大きく上回り、経済の早期回復への期待から大きく上昇して始まった。全米の1日の新型コロナウイルス新規感染者数が過去最多に達したと伝わり上げ幅を縮める場面もあったが、トランプ大統領が第4弾の経済対策に着手したことを明らかにし、上昇を維持した。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで120円高からスタート。前場中ごろには22312.44円(166.48円高)まで上昇する場面もあったが、国内外で新型コロナ感染者数が再拡大していること、今晩の米国市場が独立記念日の振替休日のため休場となることから、一段の上値追いの動きは乏しかった。

セクターでは、その他製品、精密機器、情報・通信業などが上昇率上位。半面、空運業、水産・農林業、パルプ・紙などが下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の46%、対して値下がり銘柄は50%となっている。


値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を25円押し上げた。同2位は東エレク<8035>となり、エムスリー<2413>、ファーストリテ<9983>、信越化<4063>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはファミマ<8028>となり1銘柄で日経平均を約8円押し下げた。同2位はヤマハ<7951>となり、キッコーマン<2801>、武田<4502>、7&iHD<3382>などがつづいた。


*11:30現在


日経平均株価  22220.33(+74.37)

値上がり銘柄数  74(寄与度+142.36)
値下がり銘柄数 145(寄与度-67.99)
変わらず銘柄数  6

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     5745           115 +24.86
<8035> 東エレク        28455           525 +18.91
<2413> エムスリー       4630           155 +13.40
<9983> ファーストリテ    61590           280 +10.09
<4063> 信越化         12440           220 +7.93
<6857> アドバンテ       6310           110 +7.93
<4543> テルモ          4116           38 +5.48
<4021> 日産化学         5570           150 +5.40
<6645> オムロン         7170           110 +3.96
<9064> ヤマトHD         2541           95 +3.42
<6367> ダイキン        17605           80 +2.88
<6762> TDK           10380           80 +2.88
<4704> トレンド         6100           80 +2.88
<6954> ファナック       19100           75 +2.70
<4523> エーザイ         8487           62 +2.23
<4507> 塩野義          6572           59 +2.13
<4519> 中外薬          5707           19 +2.05
<4503> アステラス薬      1771           11 +1.98
<4151> 協和キリン       2778           53 +1.91
<6506> 安川電          3765           50 +1.80

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<8028> ファミマ         1730           -53 -7.64
<7951> ヤマハ          4960          -110 -3.96
<2801> キッコーマン      4955          -105 -3.78
<4502> 武田           3738           -70 -2.52
<3382> 7&iHD           3392           -60 -2.16
<9766> コナミHD         3505           -50 -1.80
<2503> キリンHD       2186.5         -41.5 -1.49
<4911> 資生堂          6715           -37 -1.33
<7269> スズキ          3545           -36 -1.30
<8253> クレセゾン       1165           -35 -1.26
<6724> エプソン         1200           -17 -1.22
<4578> 大塚HD          4557           -32 -1.15
<7203> トヨタ          6745           -32 -1.15
<6326> クボタ          1543         -31.5 -1.13
<8252> 丸井G           1899           -31 -1.12
<7270> SUBARU         2248.5         -28.5 -1.03
<6770> アルプスアル      1347           -28 -1.01
<5333> ガイシ          1414           -28 -1.01
<5901> 洋缶HD          1172           -27 -0.97
<8830> 住友不         2852.5         -26.5 -0.95



<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »