株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は7日ぶり反発、買い戻しや自律反発期待の買い、直近IPO銘柄もリバウンド  7月03日18時14分

 本日のマザーズ市場では、週末を控えた買い戻しや自律反発に期待した買いが優勢となった。前日のマザーズ指数は5%近く下落し、直近6日では10%を超える下落となっていた。本日は小安くスタートしたのちに上げ幅を拡大し、3%を超える上昇で取引を終えた。ただ、990pt近辺に位置する5日移動平均線には届かず、やはり自律反発の域を出ない感はある。なお、マザーズ指数は7日ぶり反発、売買代金は概算で1836.24億円。騰落数は、値上がり229銘柄、値下がり86銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、メルカリ<4385>、フリー<4478>、弁護士コム<6027>などの時価総額上位が軒並み堅調で、三菱Uリース<8593>との資本業務提携を発表したJTOWER<4485>は10%近い上昇。ただ、売買代金トップのアンジェス<4563>や同2位のPSS<7707>
は小幅高にとどまった。ネットショップ作成支援のBASE<4477>は大幅に4日続伸し上場来高値更新。初値高騰による反動から売られていたコマースワン<4496>などの直近IPO(新規株式公開)銘柄は大きくリバウンドし、グッドパッチ<7351>はストップ高。GMOメディア<6180>やGMOTECH<6026>も急反発し、ストップ高を付けた。一方、SOSEI<4565>やすららネット<3998>は手仕舞い売り優勢で、ピースリー<6696>などが下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »