株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

テレグラム暗号資産の予約販売、制裁金支払いでSECと合意【フィスコ・暗号資産コラム】  7月03日10時34分

メッセンジャーアプリTelegram(テレグラム)が、SEC(米証券取引委員会)による12億米ドルの投資資金の返還、及び1,850万米ドルの民事制裁金の支払いの要求に応じることがわかっている。Telegramのブロックチェーンプロジェクトの暗号資産GRAMの巨額の予約販売の証券性を巡る昨年10月以来の調停が、ようやく合意に至った。米ブロックチェーンニュースメディアDecryptDecryptが6月26日、伝えている。

SECが同日提出した文書によると、Telegramは2018年に私募で調達した17億米ドル相当の70%に当たる12億2,400万米ドルを投資家に返還する要求に合意している。Telegramのパブロ・デュロフCEOもまた自身のチャットグループで、12億米ドル以上を購入者に直接かローンの形で返済するプロセスを進めていると認めている。

SECはTelegramが実施したGRAMトークンの予約販売が未登録の有価証券の販売にあたると主張してきた。Telegram側はGRAMがまだ発行されておらず、将来のトークン発行を予約する形式(将来トークン取得略式契約:SAFT)であり、投資契約ではないと主張してきた。

今年3月にニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所(S.D.N.Y.)のケビン・カステル判事は、金融資産投資が投資契約であるか証券であるかを決定するハウェイテストに基づいてTONの暫定差し止め命令を下した。Telegramは責任について否定も肯定もせず、これ以上裁判を進めても価値を見い出せないと表明した。

5月にTelegramはブロックチェーンプロジェクトTelegram Open Network (TON)の開発を打ち切っている。裁判所の差し止め命令のために期日までにTONプラットフォームを開設できなかったとして、契約上の合意に基づいて残りの資金を購入者に返還することを表明した。デュロフ氏は「米国のブロックチェーン技術の規制環境が将来、多くの人々にとってより有利になることを願っている」と述べていた。

(記事提供元:HEDGE GUIDE)
HEDGE GUIDEは、投資初心者向け金融・投資メディアです。資産運用や投資判断に役立つニュースやノウハウ、企業インタビューなど独自に取材・分析した記事を配信しています。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »