株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は4日ぶり反落、ファーストリテと中外製薬の2銘柄で約56円分押し下げ  7月07日18時02分

7日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり30銘柄、値下がり192銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は4日ぶり反落。連休明けとなった6日の米国市場でNYダウは続伸し、459ドル高となった。中国株高の流れを引き継いで買いが先行し、6月のサプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況指数が予想以上に改善したことも投資家心理を一段と上向かせた。ただ、日経平均も前日、中国株高につれて400円超上昇しており、本日は利益確定売り優勢で64円安からスタート。前場中ごろを過ぎると22540.44円(前日比174.00円安)まで下落する場面があり、その後は軟調もみ合いが続いた。

大引けの日経平均は前日比99.75円安の22614.69円となった。東証1部の売買高は10億9360万株、売買代金は2兆1263億円だった。業種別では、陸運業、医薬品、電気・ガス業が下落率上位だった。一方、その他製品、情報・通信業、サービス業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の59%、対して値上がり銘柄は37%となった。


値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約35円押し下げた。同2位は中外製薬<4519>となり、テルモ<4543>、アステラス薬<4503>、京セラ<6971>、日東電工<6988>などがつづいた。

一方、値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を59円押し上げた。出資先である中国アリババや米レモネードの株価が大幅高となり、買い材料視された。同2位はアドバンテス<6857>となり、東エレク<8035>、エムスリー<2413>、ヤマトHD<9064>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  22614.69(-99.75)

値上がり銘柄数  30(寄与度+137.42)
値下がり銘柄数 192(寄与度-237.17)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     6190           272 +58.79
<6857> アドバンテ       6810           310 +22.33
<8035> 東エレク        29940           440 +15.85
<2413> エムスリー       4875           170 +14.70
<9064> ヤマトHD         2713           157 +5.66
<6506> 安川電          4080           85 +3.06
<4751> サイバー         6370           400 +2.88
<7269> スズキ          3835           64 +2.31
<4911> 資生堂          6984           63 +2.27
<6645> オムロン         7360           60 +2.16
<6367> ダイキン        18165           45 +1.62
<4755> 楽天           1000           38 +1.37
<6702> 富士通         13030           355 +1.28
<4901> 富士フイルム      4691           22 +0.79
<4704> トレンド         6160           20 +0.72
<5201> AGC            3110           50 +0.36
<6701> NEC            5490           80 +0.29
<5802> 住友電          1270           5.5 +0.20
<5713> 住友鉱          3143            7 +0.13
<5803> フジクラ         329            3 +0.11

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    62360          -970 -34.94
<4519> 中外薬          5490          -195 -21.07
<4543> テルモ          4034           -54 -7.78
<4503> アステラス薬     1738.5         -39.5 -7.11
<6971> 京セラ          5835           -96 -6.92
<6988> 日東電          5980          -150 -5.40
<4507> 塩野義          6367          -147 -5.30
<7733> オリンパス      2028.5         -36.5 -5.26
<7951> ヤマハ          4955          -145 -5.22
<6762> TDK           10530          -130 -4.68
<4578> 大塚HD          4507          -126 -4.54
<4523> エーザイ         8494          -121 -4.36
<9613> NTTデータ        1171           -24 -4.32
<6954> ファナック       19540          -115 -4.14
<9433> KDDI           3224           -17 -3.67
<4568> 第一三共         8571           -99 -3.57
<7267> ホンダ         2767.5           -46 -3.31
<8252> 丸井G           1875           -91 -3.28
<7203> トヨタ          6770           -89 -3.21
<6758> ソニー          7502           -78 -2.81




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »