株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

目先的に世界経済の再起動を想定した取引が増える可能性も  7月07日14時56分

 6日のニューヨーク市場では、米国株式が強い動きを見せたものの、ドルは伸び悩んだ。市場関係者の間からは「中国経済が順調に回復していることや、6月ISM非製造業景況指数の予想以上の改善を受けて、リスク選好的な為替取引がやや目立った」との声が聞かれている。株高でも米長期金利は上げ渋っていることも、リスク選好的な取引を後押ししたとみられている。

 米国内における新型コロナウイルスの感染者数は日々増加しており、「今後の状況についても楽観視できない」との見方はあるものの、「企業活動が著しく制限されるような事態ではない」、「米国以外でも新たな経済支援策が検討されており、世界経済の再起動を見込んでいる投資家は増えている」との指摘も出ている。為替については、「主要国の株高持続を意識してリスク選好的な円売りが増える可能性がある」との見方がやや多いようだ。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »