株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=IIJ、5Gとデジタル通貨でテーマ性豊富   7月07日10時00分

 インターネットイニシアティブ<3774.T>の3600円近辺は買いで対処したい。ネット接続サービスのパイオニアでクラウドやセキュリティーに強く、法人向けで優位性を持っている。

 日本でも次世代通信規格5Gの商用サービスが開始されたが、全国的な普及には時間を要し、エリア限定で企業が5Gの無線ネットワークを構築するローカル5Gが注目されている。そのなか、コアネットワークの構築に際してネットワーク技術に長じる同社は業界他社からも連携を模索する動きが強く、今後ローカル5Gのキーカンパニーとして存在感を高めそうだ。

 このほかデジタル暗号資産関連としても重要なポジションを占める。メガバンク各社やJR、NTTグループなどの大手企業連合がデジタル通貨の基盤整備を目指す協議会を発足したが、IIJの持ち分法適用会社で暗号資産交換のディーカレットが事務局の役割を担っており、今後の展開に注目が高まっている。

 業績もコロナ禍にあって好調を維持している。20年3月期は営業利益段階で前の期比37%増の82億2500万円と大幅な伸びを達成したが、21年3月期も増益基調を堅持する見通し。会社側では前期比6%増の87億円を計画している。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ディスコは大幅高で新高値更新、第1四半期の単体出荷額は5割増で過去最高を記録
薬王堂HDが3日続伸、第1四半期は営業利益が実質5割増
北川精機が3連騰で5カ月半ぶり高値、政策支援追い風5G向け真空プレス機に期待


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »