株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東海東京は反落、トーセイと不動産証券化などに向けた実証実験を開始も反応限定的◇  7月10日09時41分

 東海東京フィナンシャル・ホールディングス<8616.T>は反落。9日の取引終了後、トーセイ<8923.T>グループと不動産を証券化し、シンガポール証券取引所が出資するセキュリティ・トークン取引所への上場に向けた実証実験を開始したと発表したが、市場の反応は限定的のようだ。

 セキュリティ・トークンとは、ブロックチェーン技術などにより株式や債券、不動産などを裏付けとし、デジタル化した証券のことで、証券取引の決済期間の短縮化や流動性の向上、コストの大幅な削減といったメリットが挙げられている。同社では、将来的に国内でセキュリティ・トークン販売が可能になることを視野に入れているという。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東海東京、トーセイと不動産証券化などに向けた実証実験を開始◇
双葉電が反発、ソフトバンクと有線給電ドローン無線中継システムの実証実験に成功◇
Tホライゾンが一時7%超の上昇、4ケタ大台接近で年初来高値更新が視野に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »