株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アクセルMが動意、「YUKIMI」の自治体向けサービスを今冬開始へ  7月10日12時58分

 アクセルマーク<3624.T>が後場動意づき、一時10%超上昇した。同社はきょう、除雪の効率化を目的としたIoTセンサーを用いた積雪深自動モニタリングシステム「YUKIMI」の自治体向け商用サービスを今冬から開始すると発表。これが株価を刺激しているようだ。

 Momo(神戸市)と共同開発した「YUKIMI」は、積雪深センサーとデータ閲覧システムが一体となった積雪状況モニタリングシステム。既に100を超える自治体から資料請求などの問い合わせがあり、複数の自治体と正式導入に向けた協議を開始しているという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
大戸屋HDが一時S高、敵対的TOBで買付価格引き上げの思惑働く◇
久光薬が一時7%超安と急落、今期営業利益は43%減益予想を嫌気
ローソンが大幅反落、第1四半期決算は最終赤字に転落


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »