株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Jテック・Cは反落、20年6月期業績は計画下振れ営業赤字で着地  7月14日09時57分

 ジェイテックコーポレーション<3446.T>は反落している。13日の取引終了後、集計中の20年6月期単独業績について、売上高が14億5000万円から10億2500万円(前の期比20.2%減)へ、営業損益が2億7800万円の黒字から800万円の赤字(前の期4億3600万円の黒字)へ、最終利益が2億800万円から700万円(前の期比97.9%減)へ下振れて着地したようだと発表しており、これが嫌気されている。

 X線ナノ集光ミラーを完全受注生産しているオプティカル事業で、中国、ブラジル、台湾などの放射光施設が新型コロナウイルスの影響でシャットダウンしていたため、最終仕様の決定が遅れ売り上げが翌期にずれ込むほか、ライフサイエンス・機器開発事業でも売り上げの翌期ずれ込みが発生したことが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ワイヤレスG急伸し年初来高値更新、外資経由で積み上がった空売り残の買い戻し急
キャンドゥは新高値、衛生関連商品の需要高まり20年11月期業績予想を上方修正
フーバーブレイン大幅高、セキュリティーニーズ取り込み6月売り上げ46%増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »