株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JESCOはカイ気配、第3四半期経常は4倍増益で通期計画を超過  7月15日09時17分

 JESCOホールディングス<1434.T>はカイ気配でスタート。14日の取引終了後に発表した20年8月期第3四半期累計(19年9月~20年5月)の連結経常利益が前年同期比4.1倍の2億4300万円に急拡大しており、これが好材料視されている。

 新型コロナウイルス感染症の影響で公共システム関連工事や電気設備関連工事を中心に中断した案件があったものの、八ッ場ダム施設の電気工事や電気通信工事、高圧送電線工事の受注増加などでカバーし、大幅増益を達成した。通期計画の2億3000万円を既に上回っており、業績上振れを期待する買いなどが入っている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
MrMaxが大幅3日続伸、感染症対策商品など伸び21年2月期業績予想を上方修正
Sansanが反発、21年5月期は最大で33%営業増益見通し
メディカルネットに大口買い流入、業績回復期待とIT活用の口臭センサー開発を材料視


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »