株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

カネコ種が大幅反発、種苗事業や施設材の需要回復で21年5月期は増収増益を見込む  7月15日13時52分

 カネコ種苗<1376.T>は大幅反発。14日の取引終了後に発表した21年5月期連結業績予想で、売上高595億円(前期比2.3%増)、営業利益15億5000万円(同4.2%増)、純利益11億5000万円(同2.5%増)と増収増益を見込んでいることが好感されている。

 コロナ禍の影響による国内農家作付けの減少や輸出の滞りなどの懸念材料があるものの、種苗事業でキャベツ種子の輸出回復やカボチャ種子の国内販売の増加を見込む。また、施設材事業で、前期からの台風復旧需要が継続することや、前期低迷した遮光・灌水資材及び保温資材の需要回復による販売増、農材事業のシェアアップなどが寄与するとしている。

 なお、20年5月期業績は、売上高581億7900万円(前の期比0.7%減)、営業利益14億8700万円(同16.7%減)、純利益11億2200万円(同12.6%減)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
安川電が4日ぶり反発、国内有力証券が投資判断を引き上げ
サイゼリヤは小幅安、今期業績予想は「未定」に変更を警戒も
クリレスHDが大幅続落、第1四半期赤字転落を嫌気


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »