株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=IDHD、来期は再び最高益更新へ  7月27日10時04分

 IDホールディングス<4709.T>に注目したい。同社は、金融機関向けアウトソーシングに強みを持つ独立系情報サービス会社。20年3月期は、高付加価値分野の伸びで連結営業利益は前の期比約24%増の20億7300万円と最高益を更新。21年3月期は新型コロナウイルスの影響で、前期比4%減と20億円の予想だが、IT投資需要は強く22年3月期の同利益は今期推定比15%増の23億円前後と再び最高益が見込める。
 
 株価は3月安値1079円を底に反発基調にある。足もとの配当利回りは3.3%と高水準。デジタルトランスフォーメーション(DX)関連株投資の流れにも乗り、株価は2月高値1720円更新から一段高が見込める。(地和)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ゲンキー3連騰、21年6月期は2ケタ営業増益を予想
ストリームMはS高、「Beyond LIVE」でTWICEなどの公演を予定
27日韓国・KOSPI=寄り付き2203.48(+3.04)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »