株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は5日ぶり反発、ソフトバンクGが1銘柄で約23円分押し上げ  7月30日13時02分

30日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり60銘柄、値下がり161銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は5日ぶり反発。11.18円高の22408.29円(出来高概算5億3091万株)で前場の取引を終えている。

前日29日の米国株式相場は反発。ダウ平均は160.29ドル高の26539.57ドル、ナスダックは140.85ポイント高の10542.94ポイントで取引を終了した。連邦準備制度理事会(FRB)が当面金融刺激策を維持するとの期待感から買いが先行。その後、連邦公開市場委員会(FOMC)で予想通りゼロ金利据え置きを決定し、回復に自信が戻るまで長期にわたり低金利を維持する方針を示したほか、パウエルFRB議長も会見で回復を支援するためにあらゆる手段を活用していく断固とした方針を再表明すると一段高となった。

米国株高を受けた今日の東京株式市場は買い先行で始まった。昨日のFOMCの結果やパウエルFRB議長の記者会見の内容などを受け、東京市場でも安心感が広がった。また、昨日までの4営業日で日経平均は500円近く下落しており、押し目買いが入りやすかった。ただ、引き続き新型コロナウイルス感染拡大や、西側諸国と中国との対立激化に対する警戒感は強く、また、4-6月期決算発表がピークを迎えつつある中、予想を下回る決算を発表した銘柄が大きく売られる傾向があり、決算内容を見極めたいとするムードが強くなり、前引けにかけては買いが手控えられ、日経平均は上げ幅を縮めた。

セクターでは、証券商品先物、精密機器、情報・通信業、サービス業、食料品などが上昇率上位。一方、鉱業、電気・ガス業、銀行業、空運業、ガラス土石製品などが下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の32%、対して値下がり銘柄は62%となっている。


値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を23円押し上げた。同2位はエムスリー<2413>となり、テルモ<4543>、東エレク<8035>、スズキ<7269>などがつづいた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップはエムスリーとなり5.08%高となった。前日に発表した第1四半期決算は市場コンセンサスを上回る大幅増益となったことが好感された。

一方、値下がり寄与トップは花王<4452>となり1銘柄で日経平均を約13円押し下げた。前日に通期業績予想を下方修正、一転して営業減益見通しとなったことが嫌気された。同2位は資生堂<4911>となり、中外薬<4519>、ファナック<6954>、アドバンテス<6857>、第一三共<4568>などがつづいた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは三越伊勢丹<3099>となり7.86%安となった。今期最終損益は600億円の赤字となる見通しを示したことが嫌気された。


*11:30現在

日経平均株価  22408.29(+11.18)

値上がり銘柄数  60(寄与度+115.55)
値下がり銘柄数 161(寄与度-104.37)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     6848          109 +23.48
<2413> エムスリー       5380          260 +22.40
<4543> テルモ          4068           78 +11.20
<8035> 東エレク        29060          155 +5.56
<7269> スズキ          3545          134 +4.81
<6988> 日東電          6130          120 +4.31
<6976> 太陽誘電         3360           85 +3.05
<6762> TDK           10850           80 +2.87
<9735> セコム          9249           75 +2.69
<7832> バンナムHD       6051           73 +2.62
<6645> オムロン         7670           70 +2.51
<4502> 武田           3843           63 +2.26
<9983> ファーストリテ    58390           60 +2.15
<4901> 富士フイルム      4830           60 +2.15
<2502> アサヒ          3580           59 +2.12
<6971> 京セラ          5764           27 +1.94
<6305> 日立建          3075           40 +1.44
<9064> ヤマトHD         2750           37 +1.33
<7751> キヤノン         1822         24.5 +1.32
<6758> ソニー          8203           35 +1.26

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<4452> 花王           7917         -371 -13.32
<4911> 資生堂          5991         -259 -9.30
<4519> 中外薬          4926          -71 -7.65
<6954> ファナック       18495         -205 -7.36
<6857> アドバンテ       6680          -70 -5.03
<4568> 第一三共         9459         -138 -4.95
<4503> アステラス薬      1712          -18 -3.23
<9613> NTTデータ        1225          -15 -2.69
<1928> 積水ハウス       2004          -56 -2.01
<8697> JPX            2527          -56 -2.01
<4063> 信越化         12930          -45 -1.62
<3099> ミツコシイセタン    516          -44 -1.58
<1925> 大和ハウス       2395         -38.5 -1.38
<5108> ブリヂストン      3298          -38 -1.36
<8252> 丸井G           1613          -37 -1.33
<9531> 東ガス          2271         -174 -1.25
<4021> 日産化学         5650          -30 -1.08
<7735> スクリン         5280         -150 -1.08
<6952> カシオ          1716          -30 -1.08
<4507> 塩野義          6402          -28 -1.01



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »