株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

明電舎---ダブルボトム形成が意識でいったんは自律反発  8月03日08時38分

直近戻り高値水準に上値を抑えられる格好からの調整をみせており、先週までの下落で直近安値まで調整している。ダブルボトム形成が意識されるなか、いったんは自律反発を意識したトレンドが期待されてくる。もっとも、シグナルが悪化傾向にあり、一目均衡表では遅行スパンが下方シグナルを継続させている。調整幅の半値戻し辺りが目先のターゲットになりそうだ。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »