株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ネクスグループ---国内の自動車・トラック1600車種以上に対応したテレマティクスデータ端末を販売開始  8月04日17時44分

ネクスグループ<6634>は3日、子会社のネクスが、OBD II(自動車の自己故障診断)インターフェースに対応したテレティマクスデータ端末「GX700NC」を開発し、8月に販売開始したことを発表。

同製品は、国内の主なLTE周波数であるNTTdocomo/KDDI/SoftBank のLTE周波数(800MHz、900MHz、1800MHz、2100MHz)に対応している。また、GNSS機能は従来製品のGPS,Globassに加えBeiDou,Galileo,QZSSの5方式に対応し、ビルなどで視界不良の都市部や樹木の茂る山間部でも測位の安定性を向上した。さらにSSL/TLSはSNIへも対応し、USBは外部デバイスとの連携もカスタマイズできるようになった。同製品は走行情報の収集・分析・評価は保険など様々なサービスで活用が可能となる。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »