株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

データHRの20年6月期業績は営業利益が計画上振れで着地  8月04日16時19分

 データホライゾン<3628.T>がこの日の取引終了後、集計中の20年6月期連結業績について、営業利益が2億2000万円から2億6200万円(前の期比7.3倍)へ、純利益が1億4800万円から2億100万円(同9.6倍)へ上振れて着地したようだと発表した。

 売上高は27億8000万円(同23.2%増)の従来予想に沿った形で着地したものの、営業活動が制限されたことにより旅費などの営業活動費が減少したことなどが利益を押し上げた。また、政策保有株式の売却に伴う投資有価証券売却益1900万円が発生したことも寄与した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
サーバワクスが8月31日を基準日として1株を2株に株式分割
ペプドリが米レイズバイオ社とペプチド放射性医薬品に関する戦略的共同研究開発契約を締結
午後:債券サマリー 先物は反発、10年債入札結果は順調


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »