株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY外為:リスク回避一服、米株上昇に転じる、追加財政策協議の進展を好感  8月05日00時30分




NY外為市場では追加財政策協議の進展を好感しリスク回避の動きが後退した。
ドル・円は105円73銭まで下落し日中安値を更新後、105円88銭まで反発。ユーロ・円は124円27銭まで下落したのち104円60銭まで反発した。ユーロ・ドルは1.1721ドルまで下落後、1.1770ドルまで反発。

朝方は米国の追加財政策交渉が難航、さらに米中対立への懸念にリスク回避の動きが優勢となったが、シュ—マー民主党上院議員の「協議に進展が見られる」との注意深く楽観的な言及に期待感が広がった。下落して始まったダウ平均株価は上昇に転じ111ドル高で推移。米10年債利回りは0.64%から0.51%まで低下後は0.52%で下げ止まった。




<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »