株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大阪金概況:大幅上昇、金市場への資金流入加速  8月05日16時17分

大阪取引所金標準先物 21年6月限・日中取引終値:6880円(前日日中取引終値↑140円)

・推移レンジ:高値6900円-安値6825円

5日の大阪取引所金標準先物(期先:21年6月限)は大幅に上昇した。新型コロナの影響で景気低迷が長引くとの見方から米国長期金利が一段と低下し、ロンドンの現物の金の取引価格は5日に一時1トロイオンス2030ドル台まで上昇し初の2000ドル台乗せとなった。金市場への資金流入が加速しており、今日の金先物は大幅高。投機資金の流入も観測され、朝方に6900円台に乗せ、その後やや伸び悩む場面もあったが、下値では買いが入り、午後は再び上げ幅を拡大し、最高値を更新して本日を終えた。



<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »