株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=58円安と3日ぶり小反落、利益確定売りが優勢に   8月05日15時40分

 5日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに小反落。一時200円を超す下落となる場面があったが、後場に入り下げ渋った。

 大引けの日経平均株価は前日比58円81銭安の2万2514円85銭。東証1部の売買高概算は12億480万株。売買代金概算は2兆1780億7000万円となった。値上がり銘柄数は981と全体の約45%、値下がり銘柄数は1090、変わらずは102銘柄だった。

 4日のNYダウは景気対策への期待もあり上昇したものの、東京市場は前日までの2日間で日経平均が800円強上昇していたこともあり、利益確定売りが優勢な展開。為替相場は1ドル=105円半ばへ円高が進行したことも警戒された。ただ、日銀のETF買いに対する期待もあり、後場に入り下げ渋る展開となった。香港やシンガポールなどアジア市場が底堅い動きとなったことも安心感を誘った。

 個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984.T>やファーストリテイリング<9983.T>が安く、ソニー<6758.T>やダイキン工業<6367.T>、キーエンス<6861.T>が値を下げた。Zホールディングス<4689.T>やスズキ<7269.T>も軟調。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>や三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>といった銀行株も軟調だった。プレシジョン・システム・サイエンス<7707.T>やZOZO<3092.T>が売られた。

 半面、任天堂<7974.T>やレーザーテック<6920.T>が高く、トヨタ自動車<7203.T>や日本電産<6594.T>が値を上げた。ホンダ<7267.T>やキッコーマン<2801.T>がしっかり。金先物価格が終値で初の2000ドルに上昇したことを受け住友金属鉱山<5713.T>が上昇。電子書籍のブランジスタ<6176.T>や出前仲介の出前館<2484.T>など巣ごもり消費関連の一角が高い。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の主なマーケットイベント
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にスズキ
ダイキンは底堅い動き、21年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »