株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米7月雇用統計発表後の為替相場は?  8月06日11時28分

 5日発表の7月米ADP雇用統計は、前月比+16.7万人(民間部門雇用者数)と市場予想の同比+120万人程度を大幅に下回ったが、6月実績は+236.9万人から+431.4万人に上方修正された。この結果を受けて市場関係者の間からは、「6月の非農業部門雇用者数も上方修正される可能性がある」との声が聞かれている。

 ただし、7月の非農業部門雇用者数は市場予想の前月比+150万人程度に届かないとの見方も出ている。また、7月の失業率は10.5%程度と予想されており、6月の11.1%を下回るものの、一部の市場関係者は「失業率は10%を超える状態がしばらく続くのではないか?」と懸念している。明日7日に発表される7月の米雇用統計内容は、米国株高の要因となる可能性はあるが、ドル相場の反発につながるとは言い切れない。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »