株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オープンドア---1Q減収なるも、旅行需要の回復を見据えた積極的なシステム開発を推進  8月11日14時23分

オープンドア<3926>は7日、2021年3月期第1四半期(20年4月-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比90.9%減の1.18億円、営業損失が3.45億円(前年同期は5.58億円の利益)、経常損失が3.40億円(同5.59億円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失が3.62億円(同3.48億円の利益)となった。

同社の旅行関連事業においては、新型コロナウイルス感染症の拡大による外出自粛や、入国制限による旅行需要減退の中で、各航空会社、ホテル等の新型コロナウイルス感染症対策情報の掲載を行うとともに、将来的な旅行需要の回復を見据え、サイト改善に向けた積極的なシステム開発を進めた。

2021年3月期通期については、新型コロナウイルス感染症による影響を現段階において合理的に算定することが困難なことから未定としている。業績予想の開示が可能となった段階で、速やかに開示するとしている。




<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »